« January 2006 | main | March 2006 »

February 28, 2006

最近の夢に付いて。

昨晩は洪水の夢だった。
どんどん周りが水に浸かっていく。
で、良く覚えてないけど組織みたいなのにおわれていて、仲間と一緒にそんな大洪水の中をハードボイルドに(?)逃げてる夢だった。
ちょっとアクションっぽい、笑。

で、そんな中逃げ込んだ小高い家(かなりちがかったけど自宅っぽかった)も、ついに孤島状態になっちゃって、そうしたら、追いかけていたはずの人たちがなんだか変な笠をつけた僧侶というか遍路さんみたいになって、洪水の横脇/縁みたいな部分を「こうすれば通れるのじゃ〜。こうすれば行けるのじゃ〜。」とかお経みたいに唱えながら規則正しく通り過ぎていく。
そのお経はまるで自分に向けられてるみたいで、あぁ、そうか。そうすれば良いのか、と思う。
追いかけられてたのに、助けられちゃったな、とか思ってる。
でも、なんだか急に現実地味た思考が入ってきて「全部水に囲まれてるんだから縁(へり)なんてあるワケないじゃん」と思う。
で、「え、なんで。そうじゃないじゃん。」と思いつつもそんなふうに思えてきて、そうしたら景色もいつの間にか変わってただの水だらけの洪水になってた。

で、画面が一転。
相方が突然代々木公園から徒歩10分くらいの古いビルっぽい家を買ってくる夢になってた、笑。
でも微妙に洪水の中の世界と繋がってて、こんな時に何をしているんだろう、とどこかで考えてたりしてる。
しかも、住むというより、ビルっぽくて戸惑うんだけど、「○○が良いと思ったのなら良いよ」と言って微笑む夢だった。
そう言ったら、ガラス張りで中が丸見え(その時はエアロビの教室みたいなのが行なわれてた、笑)の一階も、面白い半透明の布を使って凄く開放的な空間が出来るかも、とかなんだかワクワクしてきて、あー、いいなぁ、と思った。

そこで、目が覚めた。
変な夢。

---
ちょっと前に観た悪夢。
全部白に近いグレーのフィルターというか、雲の中にいるような世界で、
バルコニーらしきところから反対側の親に向かって怒鳴ったり泣き叫んだり、発狂している夢だった。
(内容は相方についてだったような。あんまり良く覚えていない。)
親(特に父親)は無表情で、最後の方はなぜか銃を持つ父親と取っ組み合いになって、その銃が(たぶん)暴発して私の首に当たる、というもの。
またここからが生々しいんだけど。
血とかは出ていなくて、でも「痛いはずだ、変だ」と思って「痛いよぉ」と声を出そうとするんだけど、喉の奥に何かが使えていて声が出せない。
で、思い切って吐き出すんだけど、それは銃の弾だったワケ。
でも血とかは全然でないんだよね。

---
後者とかだとまるで家族と何かあったかのような夢だけど、実は全然そんなことは起きてなく。。
しかも、幸せな事にうちの両親は相方をこの上なく気に入っているし。
(私の方が怒られるくらい。くそぉ。)

いったい、何がなんだか。
でもこの夢をみた前後は、何日も悪夢を見続けてて寝ても寝てもどこか疲れる、という状態でした。。
さすがに何かに付かれてるのかっ!とか思ったけど、普通に疲れているだけなのかも、とも思ったり。

そんなこんなで、最近は夢が絶えないです。。
ここ暫くは「はぁ、今日は変な夢見なかった。。良かった。」とか言って起きている私。。

ちょっと面白い気もするけど。
困った、困った。

posted by dawn : 12:21 PM | Comments (0)

memo -hashioki

石の箸置き

ガラスの箸置き

---
石も見かけないけど、微妙にこすれたガラスも見つけるのが難しくなっちゃったな。
子供の頃は下校途中にそういう現場屋さんみたいな会社があって、良く宝物みたいにして持ち帰ったのに。
とっておけば良かった。

今のお家の場合、石というよりガラスが丸く削れた感じのものの方がイイ。
出来れば、赤。
本当は海辺とかで丸く削れたヤツとか好みだけど。
海…遠いし。。

なんとなく意識して、時間かけて集めてみようかな。
まー、1年かけて2つとか、笑。
そんな感じで。

posted by dawn : 12:12 PM | Comments (0)

February 25, 2006

リベンジlebainと神谷町南インド料理

昨日はle bainをリベンジ。
写真展を見てきました。

その後は神谷町で南インド料理。
インド料理自体は地元にもあって、結構馴染みがあるけれど、また全然違う!
当たり前ですが、南インドに特化した料理、特徴というのがあるわけで、店員の方の話しでは、なかなか日本では食べれないようなものもあったようです。
お客さんも半分以上インド人(に見える)の方でした。
もちろん、聞き慣れないものはなるたけ頼んで、堪能しきりました、笑。
そして、なにより、なにより。
今回接客をして下さった女性の店員の方が聡明で笑顔も素敵で、料理以上に心に残ったかも!

昨日は、そんなこんなで結局のんびりしてしまい、梯子予定だった○AB絡みのコミュニティーイベントは行けず。
ごめんね。。P氏。。

---
夜には春にやってくる大きなイベント参加へのお話が。
また告知します(たぶん)。

---
で、今度は職場の話し、笑。
近々の転機に繋がるであろう、第一弾が発生いたしました。

分かっていたことですが、週明けからofficeは基本、私だけとなりました。
まあ、理由はいろいろあるワケで、そこには私は何も言えませんし、言いたくない。
というより、そんなことを云々という以上に、もっと全然違うわだかまりというか、問いたいものがある。
それはほとんど自分に向けられているものですが。

周囲の環境/流れに納得いくか、とか、そう考えたら疑問点はたくさんあっても、あまりそこへ文句を言うような気持ちは続かない。そう言っていても変わらないことの方が多いから。。。
とはいえ、愚痴りる時だってたくさんありますけど、笑。

そんなこんなで、週明けには改めて職場内でちょっと挨拶が必要だろうな、とか、変わらないようでもやっぱり変わるであろう、仕事状況を考えています。
あー、でも結局、よりマイペースに、のんびりやるに違いないけど、汗。
仕事と個人的なものとがより平行しやすくなるから、そういう意味では良いかもなんですけどね(たぶん)。

とはいえ、この状況も本当に僅かな期間のはず。
さてはて。。。

---
いろんなことのバランス。
身近な人からいろいろと学び中、です。。

posted by dawn : 07:35 PM | Comments (0)

February 24, 2006

今更だけど、google map

結局本日はle bainにいけず。
多分、明日リベンジ。
明日は神谷町で夕食会。その後は渋谷でコミュニティーイベント。
本当は青山で照明のレセプションもあり、3日間だけの展示なのもあって行きたい度高いものの、
さすがにこれ以上重ねるのは無理…と、思ってます。。
重なる日は重なるなぁ。うぅ。

で、なんでle bainに行けなかったかというと、今更ながらにgoogle mapをいじってたから。
正確には社内向けに活用する為に、それこそぐぐればたくさん出てくる情報をもとにうちようにカスタマイズ。

実は全然google mapを利用していなかった私。
というか、地図にあまり縁がなくて(実用的には○ap Fanだった)、認識はしてるけれど、ぐらい。
が、まぁ、仕事内の打ち合わせで、とある話し(要望)がH氏に出て、私は全然関係なかったわけですが、
H氏の多忙度を知っていただけに、今日もそこそこ暇な私は、夕方からいそいそと作業に取りかかったのでした、苦笑。

嬉しいことに、そこそこ好評を得てるようで。
って、それはgoogle mapの力なんですけど。。と思うと、笑っちゃうけど。

まぁ、世の中便利なものがいっぱい出来ていて、個人レベルの方がよっぽど使いこなされている。
私的にはそういうものを会社が柔軟に、可能な範囲で、自然に使えていける環境って大事なんじゃ、と思ってます。
うーん、まとめたようで、まとまってないですね。

ちなみに、近頃はコーディネート業なので、久々にソースと睨めっこでした。
ただでさえ毛が生えた程度なのに、さらにうっかりミスが出たりして、やっぱりやってないとダメですね。。苦笑。

posted by dawn : 01:55 AM | Comments (0)

February 23, 2006

企業の季刊誌

点字が表紙になっている某季刊誌をたまたま知る。
で、調べていったら、岐阜県の某企業が出している季刊誌でした。

これは是非欲しい!と思い早速問い合わせ。
条件がありましたが、仕事柄を活かし(笑)、定期購読させていただけることになりました。
ちなみに無料です。その分購読者の条件があったワケです、汗。

それが、本日届きました。

バックナンバーも送ってくださり、感無量。

印刷レベル自体は、正直社内紙よりちょい良いぐらいだけれど、
内容は自由豊富で、また、普通の雑誌とは違い15ページ程度で読みやすい。
その分、良くまとめてあります(まだザッと見ただけですが)。

それにしても、今回の点字の表紙は面白いなぁ。
ユニバーサルデザインの7原則を点字にしたらしい。
http://www.universal-design.co.jp/aboutus/idea/ada.html

そのものがデザインになり、視覚だけではなく触覚としても感じ取れる面白さと、いろいろな関係が近くなる面白さ。

例えば、子供に持たせたら純粋に面白がるんじゃなかろうか。
そこに意味があることが分かれば、きっともっと面白がるに違いない。

そういうところには何も先入観やイメージなどはないのだろう、等と考えると、
身近なものへのこういったデザインの広がりは本当に期待をしたい、と思う。

---

自分の理想環境を語る時に出てくる言葉(笑)

・平屋
・自然
・自間になれること

隠居生活?とか良く言われるけれど、そういうことではないんだよね。。
いわゆる情報が早い都心に興味が無いワケではない。
けど、そこに大きな庭園があって、パッとOFFになれる"大きな空間/間"があればよいけれど、だいたいそのまますぐ家、でしょう。
それが難しい。

どういう活動をしていくかによって、どこが良いか変わってくるけれど、
自分のスタンスは違う、それだけなんだよね。

でも、例えば今が旬でもある「コミュニケーション・デザイン」を生業にしている知人。
まず、中心部である東京から離れることはかなり無理だろう、と思う。
情報が命であり、いかに繋がり、いかに足を運び、いかにその場所に身を置くか。
そこに分単位で取り組み、それが活動の大きな部分を締めているのだから。

でも、そういうことが自分の中心にないわけでもない。
そこにもう少し軸足を置こう、と思ったら、もうしばらく都内付近でも良いのかも、と思う。

ただ、今は久々にものを作りたいと思いはじめ、自分の「間(時間/スペース共に)」を持ちたいという意思が、自分を自然に占めてきている。

とはいえ、もう少し先の話しですが。(環境のことね)

---

今日は職場近くのle bainの展示を見てくる予定。
「としのしせん」という写真展。

一昨日はLAUNEで「NY次世代のアートフォトグラファー24人」をザッとですが見てきたばかり。
どうやら、今週の(マイ)ブームは写真展らしい。

週末はぐるぐるぐる〜、っといろいろ見てくる予定。
木場にはいつ行こうかなー。

posted by dawn : 01:43 PM | Comments (0)

February 22, 2006

ブ○ガク

今日は職場絡みで恒例の講習会&懇親会。

本日は某大手文具メーカーの新たな展開/戦略について。
その方は元々、ブランド化に成功している電化製品の会社で腕を振るわれていた方。
それを踏まえた上で、今のこのメーカーでの戦略に当たっているのが、説明を聞いていると良くわかる。

昨年、ちょうどここの「ユニバーサルデザイン」のはさみや、ピンをGood designの会場で気になって見ていた私。
また、「ブランド」作りが1つのキーワードになっていて、それは他人事でもないですし、
もう一つ「社員の意識改革/DNA化」という話しもまた、思うところがあり、結構聞いていました。

私の中でここ数年、このメーカーの展開というか、商品に興味を持つこともあり、今回は参加しようと思っていましたが、「経営戦略」が主の話しな分、やや人も少なめ。若手の人もほとんどおらず、でした。。

そのあとは恒例の懇親会。
本日は結構こってり系のお料理とシチリア産のさっぱりとした白ワイン。
ちょっと酸味が強かったけど、残る味は丸い感じ。爽やか。
お料理がこってりめだったので、バランスとしては合ったかも。。とか素人批評ですが。

---

相変わらず、もんもんの日々。
なんちうか。

ついに吐き気と悪寒がつきまとってる。
てか、実は4.5日連続で悪夢にうなされていたのが、つい先週。

決断、とはなんなんでしょう。
決断、とはどうしたら出来るんでしょう。

さてはて。

いろんな感覚が渦巻いていて、最終的にどれが残るのか。
残された時間とタイミングの兼ね合いも大きい。

今日も散々人に相談もしましたが、
本当に「はい!!!!はい!!!私がやる!!!」と出来ない性分だ、と言われる。
確かに、人がやらない、やれてない、残ってる、そんな部分をもっそり埋めていくのが好きなのですってば。
確かに団体行動のとき、みんながやってて自分がしなくても問題なさそうだと、
本当に動きませんからね、私(断言)。

だめじゃん。。

posted by dawn : 11:36 PM | Comments (0)

February 19, 2006

ドレス

って程じゃなくて良いのですが、探しています。
3月末に必要でして。理由は王道。

なかなか無い。。

希望としてはロング。
今も黒を持ってるけれど、今回も黒が良いかなぁ。
こういうもので色があるのはあまり好きではない。
あり得て、紺碧とかもの凄く上品なオフホワイトとか???

そんなこんなで、話しは戻りますが、なかなか見つからない。
以前書いた、最近お気に入りのお店も覗くけれど、ロングがない!!!
いや、あってもちょっとセクシー過ぎ!!!背中丸見え。。。
上にストール?
こういうとき用のを持ってて結構お気に入りだけれど、好きではないんだよね。。実用性として。
きちんときちんとしないでも良いんじゃ!と個人的には思うので、短めのボレロ風カーデとか。今過ぎかね。。
でも、そんなんじゃ、セクシードレスにはどちらにしても、あわーん!!

膝下丈とかならたくさんあるのに。。。可愛いデザインも。。。うー。
足出したくないんだよなぁ。このコンプレックスは中学からだもんなぁ。くそー。

そんなこんなで鋭意探し中。。
予算もあるしね。まずは比較的お世話になってるお店のネットを物色中。
引かれるものあったらお店に行ってみようか、と。

---
昨日はギャラリー2つ/キャノンギャラリーS、東京ステーションギャラリー/を回って、福生に遠出。
展覧会の感想とかは別途上げてるので割愛。
福生ではたくさん散歩して、たくさん写真撮って(携帯でね、笑)、たくさんたくさん面白いことを感じて帰ってきました。

今日は逆にのんびりめ。
でも、いつものごとく胃腸の調子が良くない。。ムキー。

来週は仕事以外の方が忙しそうかな。
特に24日はだぶっちゃったし。。梯子にいざチャレンジ。。…予定。

posted by dawn : 05:49 PM | Comments (0)

February 17, 2006

memo -INKO


11/17/2005
Originally uploaded by dawn_label.

2005.9.12
この度、かねてから温めてきたブルーマークのキッチンプロジェクトがリリースの運びとなりました。代々木公園に程近い、私たちのオフィスがあるビルの1階に「インコ」という名の飲食店を本日オープンしました。皆様のご来店を心よりお待ちしています。

所在地:東京都渋谷区富ヶ谷1-6-8モリービル1F Tel.03-5465-2193
オープン:11:00 - 23:00 定休日:毎月第3水曜
アクセス:千代田線代々木公園・小田急線代々木八幡駅より徒歩1分
※駐車場がございませんので、お車でのお越しはご遠慮願います

posted by dawn : 03:50 PM | Comments (0)

無題


12/04/2005
Originally uploaded by dawn_label.

写真は六本木で雨の日に撮った写真。

一昨日までの数日間、一足早い春が訪れてた。
春一番の可能性もある、とニュースで聞いて、びっくり。

かと思いきや、昨日のあの寒さと、雨。
今日の曇り。
手が赤くなってくる寒さ。

服選びにやや四苦八苦。

でも「暑さ寒さもお彼岸まで」。
この寒暖の差が始まって、春の匂いが混じり始めた。
それにふと感じた時の穏やかで幸せな気持ちは、何にも代え難い。

自分が春生まれなのもあるのかな。

と、ここで現実的に。
いよいよ花粉症到来。
敏感な人はとっくにだと思いますが、私はここ最近。。。
街を歩いていると、水っぱなが、タラーッと、汗。
薬貰うほどではないですが、年々悪化している気がするので、ちと怖い。
鼻づまりがおきると、喉もやられちゃうし、思考も邪魔されるので、避けたいんだけど。

---

環境。
どう変えていこうか。
どう流していこうか、また悩むような感じになってる。
自分が招いているのだと思うけれど、困ってしまう。。

久々に占いをやってみたら、より一層迷わされた。。。
いや、よりによって当たってたりしたので。あー、もー。
例の唯一信頼出来る人に手相を見てもらいたい。。ここ数日そんなことも思う。
この方も当たる、というか信じられる。
手相は人生とか考え方/先に関してはその人の意思が関係してくるから、ということで、
気づかない自分と対面させてくれたり、再確認させてくれたりして、
なんていうか、転機が来てるのかな、と思った時にはとても助けられてる。


昔は最悪どうにもならなければ、自分はなくなって消えてしまえば良い(=意味合いとしては死ぬのと一緒だけど、"死ぬ"というより"消える"という感覚。。うーん、違いを伝えるのは難しいか)と考えてた。
だって、行く先はみんなそこなんだもの。

だからこそ、それまでは「最悪消えれば良いのだから何でもやれる、出来る、やって損なことはない」と考えてもきた。
マイナス思考なのやら、プラス思考なのやら。両極端。

それが、100%ではないにしろ、どうやらここ数年で少し変わってきてるみたい。
まだまだ、ここをうまく説明することは出来ないんですが。

振幅がだんだんなくなってきたのかな。

良いのか悪いのか。

で、そんなこんなで育ってきた自分ですが、
今現在、どの自分の感覚を信じたら良いかなぁ、というところに戻ってる。
あー、迷う。なんなんだ。自分しっかりしてくれ、と思う。

「こうしたい」「そこを信じれたら大きく変わる」というのはあるけれど、それは一時の思い込みなんじゃないか、とか。
それは昔からだったっけ。子供の頃から?
でも、結局今までその中に身をおくというか、落ちてみるチャンスと勇気がなかった。

とも、言える。


今は、自分だけで生きているワケじゃないから。
そう思えるようになって随分苦しくなった。
でも、そう感じることの大切さも十分感じている。


二十歳半ば頃から考えはじめた、寿命というもの。
その信頼する手相の人に「そんなに長生きは出来ない。50代くらいまででスパッと生き抜く」と言われたりもして(笑)
「よく考えたらもう半分、生きてるんだ」と。
で、100歳まで生きたって、既に1/4は生きてるんだ、って実感がこみ上げてきた。

短いよなぁ。永いけど短い。


そんなことをとりとめもなく考えてたりもするワケですが、
あっという間に、頭のどこかにしまわれたりして、忘れちゃう時もある。
まー、そんな時にこの記事が役立つわけですが、苦笑。


環境変化の話しは実はかなり差し迫ってます。
さて、本当にどうしようかな。
頑張れ、自分。

posted by dawn : 01:03 PM | Comments (0)

February 12, 2006

眠い。。

トリノ。始まってますね。
ちょっと、見てしまってます。眠い。。。

一昨日祖母が88歳/米寿を迎えました。
仕事終わったのが22時前で、寝てるかも…と思いつつ、電話。
まだ起きてて、いつも以上にのんびりとした雰囲気の中、会話をする。
元気そう。そして秋から預けた私のもと愛猫の話しをたくさん。
私が買っていた時は、本当に私だけだったように、今は祖母にだけなついている様子。
本当は(預けざるをえなかった理由が解消したら)迎えに行くつもりだったけど、祖母が面倒をみれなくなったりしないかぎり、そうしない方が良いのかも。環境は絶対に祖母の平屋の方が良いに決まっている。
そして、祖母も2匹の猫との共同生活が自然になっているのだろう、と思う。

88歳の祖母。元校長で、鹿児島だか九州だかで初めて女性の校長になった人。
どこまでも人を惹きつけてやまない人柄。
父方、母方、関係なく大人気者。
おめでとう&会いに行くからね。

---
なんか、もっといろいろと書こうと思ったけれど、眠い。。。
あ。
仕事。
悩んでます。。。って、書いても、ですが。
まぁ、いろいろです。

posted by dawn : 03:02 AM | Comments (0)

February 09, 2006

続活字(?)の話し

活字じゃないです。
普通に本と雑誌の話し。

本のことで、ちょっと訂正。
先日書いたオツベルと象。
あれ、鳴き声は「グララアガア」でした。

久々に読み返しました。
「パオー」って、なんて貧弱な発想、苦笑。

間もなく地面はぐらぐらとゆられ、そこらはばしゃばしゃくらくなり、象はやしきをとりまいた。グララアガア、グララアガア、その恐ろしいさわぎの中から、「今助けるから安心しろよ。」やさしい声もきこえてくる。「ありがとう。よく来てくれて、ほんとに僕はうれしいよ。」象小屋からも声がする。さあ、そうすると、まわりの象は、一そうひどく、グララアガア、グララアガア、塀のまわりをぐるぐる走っているらしく、度々中から、怒ってふりまわす鼻も見える。けれども塀はセメントで、中には鉄も入っているから、なかなか象もこわせない。塀の中にはオツベルが、たった一人で叫んでいる。百姓どもは眼もくらみ、そこらをうろうろするだけだ。そのうち外の象どもは、仲間のからだを台にして、いよいよ塀を越しかかる。だんだんにゅうと顔を出す。その皺くちゃで灰いろの、大きな顔を見あげたとき、オツベルの犬は気絶した。さあ、オツベルは射ちだした。六連発のピストルさ。ドーン、グララアガア、ドーン、グララアガア、ドーン、グララアガア、ところが弾丸は通らない。牙にあたればはねかえる。一疋なぞこう言った。「なかなかこいつはうるさいねえ。ぱちぱち顔へあたるんだ」
- オツベルと象から

宮澤賢治の有名なものが入った文庫本は一時期全部読みました。
この表現の妙さ。久々に読んだけど、やっぱり、凄い。
ちなみに、最近は減ったけど、青空文庫/携帯書房(特に携帯書房)は良く利用してます。
青空文庫:http://www.aozora.gr.jp/
携帯書房:http://i.lifemedia.co.jp/pc/

---
ここ一年、DAYSJAPANの購読をしていましたが、購読終了のお知らせが。
DAYS JAPAN:http://www.daysjapan.net/

大手の本屋さんなどでみかけるので、ご存知かもしれませんが、
クオリティーの高い写真とともに、さまざまな世界の出来事(表立っていないものも含め)を伝えている雑誌です。
その分、もの凄くストレートな写真も多いし、正直読むのにかなりのエネルギーを使う。
内容も重いもの/真摯なものが多いからですが。

で、知り合いの好意もあって、始めた購読が、ついに終了。

定期購読の良さというか、面白さをこの一年でものすごく感じさせてくれた雑誌だった。
自分から買う、という行動を起こさないでも、日常にそういった情報が入ってくる。
気軽さも含めてになりますが、掲載内容がより身近になる。

でも、そのまま続けるかどうか、悩んでいます。
というのも、DAYS JAPANがどうの、ということではなく。

改めて他にはどんな雑誌があるのだろう、と思っているワケです。
何冊もむやみに取る気にはならない、一冊で良いから、定期購読をしてみよう、と。
現在、いろいろと探し中です。もちろんDAYS JAPANも含めて。

---
先日の日記に書いた、最新号のpenの中に「印刷解体@ロゴスギャラリー」に触れる記事があった。
○ABの中では私が担当で、editeしていたワケですが、全然内容を把握していなかった。
ちょっと読んだだけでは、引かれなかったんですね。
でも、今回ので、背景や理由が分かった。面白そうと思ったし、素敵な企画だったんだな、と思った。
せっかくアート情報に多少なりとも敏感な環境にいるのに、こんなんじゃダメじゃんか、とも思わされました、苦笑。

---
欲しい写真集が。
比較的手軽な感じ。週末にでも本屋に行ってみます。

posted by dawn : 11:00 PM | Comments (0)

February 07, 2006

pen

雑誌ですね。
最新号を今日たまたまかいました。
「エコロジーの最前線/豊かでなければ、エコロジーじゃない! 」
http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi?item_id=pen_060215&ctg_id=pen&page=1

penはいつも気にはしている雑誌。
でも、コンビニもほとんど行かないし、行っても雑誌コーナーに寄らないし、
最近本屋も帰り道になくなってしまい、思っている程、雑誌が目に触れることが少ない。

そんな中でも、やっぱり縁というものか"たまたま"目につく時があって、
そういう時に限って、興味がある題材だったりする。
他の雑誌もそうかな。。

そんなこんなで、今日もpenと駅のコンビニで出逢ったわけでした。

まだ1/3くらいしか読んでいませんが、単純な私は(笑)ドキドキしながら読んでしまった。
それくらい興味深かったです。
読んで思い出した話しもあれば、初耳もあれば。
暫く離れていたので、余計に、なのかも。

明日は大阪出張なので、残りはまたゆっくり読みます、苦笑

ちなみに、この前に買ったpenは
「郵便・図書館・駅・シティバイクほか、世界10箇所を徹底取材! /公共のデザイン」
http://www.bmshop.jp/cgi-bin/bms/item.cgi?item_id=pen_051215&ctg_id=pen&page=1
でした。
これも一目で購入。面白い内容でした。

実は仕事的に、載せてくれたら嬉しいね、と話していたのはこの雑誌。
うーん、大衆紙の中でも一味違うから、難しそう。。。なんて。

さてはて。
大阪では何を食べようかな。

posted by dawn : 10:41 PM | Comments (0)

雪に対抗して花


11/25/2005
Originally uploaded by dawn_label.

雪がまたまた降り出しましたね。
明朝まで降って、都内でも数センチつもるのだとか。

写真はシクラメン。
冬の花だけど、雪に対抗して、アカ。

で、突然ですが、本。
最近読んでないな、と、思う。

さっき雪が降るのかぁ、と思っていたら、なぜか浮かんできたのは昔読んだ絵本だった。
大好きだった絵本。
最近の大人の絵本ブームで、十何年ぶりかに本屋で見かけたからかな。
象のぐるんぱ、という絵本。有名で知っている人も多いんじゃ。
途中で出てくる大きなクッキーが、何度も夢に出てきた。
そのクッキーの上に座って、クッキーをちぎって食べる。
そばにはぐるんぱと、クッキーと同じくらい好きだった、ぐるんぱが造った大きな靴。
私の中ではその靴は真っ赤だった。

幼稚園の頃の話しだ。

小学校ではオツベルと象が好きだった。
宮沢賢治ですね。
今でもなんと表現して良いのか分からない、読み終わった後の余韻と感覚。
子供ながらに、象がパオー、パオー(だっけ?)と、とにかく力強く、
確固たる「言葉」に置き換えられてなだれ込むさまが、もの凄く強烈でした。

その他、小学校から中学校は図書館に通い詰めてて、まぁ、本が好きな方だったと思う。
いわゆる朗読も好きで、中学生の頃には、小学生たちに読み聞かせてくれないか、と頼まれたこともあったっけ。
照れくさくて断ったんだけど、苦笑。今考えれば、やっとけばヨカッタ。
余談ですが、アナウンサースクールにも行っていたことがありました。
これはまた違う理由からでしたが。まぁ、別の話題なので、置いといて。

と、ここでまた思う。
最近、本を読んでないなぁ。。。

一昨年くらいまでは、会社帰りに図書館に寄っていた時もあったのになぁ、とか。

あ、話題になってるので知っているかもですが、横浜に「本との出逢い」を楽しめる、
また、そこにきた人達の痕跡を楽しめる古本屋があります。
以前とあるところで、その運営に関わっている人に会ったんですが、好評のようです。
うー、今名前がど忘れして出てこない。。。
テレビ(リデザイン/辞書の回)にも出ていたので、ご存知の方もこれまた多いと思うんですが。

そんなこんなで。
英語の勉強もあるし、身近なところからいろんな本屋に暫く足を運ぼうと思ってます。

posted by dawn : 01:23 AM | Comments (0)

February 05, 2006

肌と祖母

今日はお昼過ぎからお出かけ。
渋谷のKUAAINAで、がっつしご飯。てか、バーガー?
たっぷりのアボガドとミートと。たっぷり野菜。
うまい。

その後は表参道でNadiff&噂の表参道ヒルズ。
写真を撮りながら久々に表参道を歩く。
で、途中から明治通りをずっと新宿へ向かう。
やっぱりいろいろと写真撮ったり、建築見たり。

風もあり、ほんとーーーーーーーーーーーーーに寒かったけど、陽ざしはずいぶんやわらかい。
寒暖の差も出てきて、春もそう遠くないのかと。
が、明日は雪らしいですが、汗。

新宿では化粧品屋さん。
なくなった乳液を購入。
一緒に肌の水分値/油分値を計ってもらう。
なんと!
水分値が高い!
夏含め、今までで一番高い!こんな何時間も歩いた後だというのに!
歳も確実にとっているはずなのに(笑)

理由は明確。
睡眠、食事、もの凄くまともになった。以前とは恐ろしくて比べられないくらい。
愛すべき生活リズムと、愛すべき料理。
あとは、補助的に最近はサプリメントを飲んでいて、その効果も多少あるのでは、とも思う。

肌。
女性としては年齢とかだけではなく、とにかく相手への「印象」に関わる大事なもの、という認識がある。
個人的には、ひたすら若く居れたら良い、なんて考えているワケではなく(そりゃ、その方が良いけど!女心は複雑!)、
綺麗に歳をとりたいのだ。
入ってイイしわと、ダメなしわがある。そういうこと。

家もさ、綺麗に大事に歳をとった建物がイイ。
時間をかけないと見れない表情と、味わい。そこにある美しさにひかれる。
だって、新しいものはいくらでも同じに造れるけれど、時間をかけたものは、「時間」という生き物とうまく付き合ってきたものなのだから。
そこにはいろんなものが詰まっているのかもと思うと、やっぱり愛しい。
それが特に自分が、家族が、祖母が積み重ねたものならなおさら。

今年、祖母は88歳(米寿)になる。
私の愛すべき祖母。

posted by dawn : 08:45 PM | Comments (0)

February 04, 2006

もろもろ

体調が復活してからはここ数日おでかけが続いてます。
映画-シン・シティ。
美術館-東京−ベルリン/ベルリン−東京展/ドイツ・デザイン展 :「メイド・イン・ジャーマニー」の80年。
イベント-canadian style。

それぞれの感想はまた別のところに書いてますので、ここではすみません、割愛。

ただ、ここ暫くとんとんと、リズムを取る様に個人的な時間と動きがある。
逆に仕事はやや停滞気味。(今だけ、という感じもあるけど)
でも、もう少し先を考える。
このことを中心に担当をしている場合、今のプロジェクトの感じからしてどうなっていくのか…?
このプロジェクト以外の仕事をやりたいのか…?

---
TA○。
NPO化してそれなりに経ちました。
先日具合悪くて(会社も早退したりした)meeting行けなかったのですが、
今日、canadian styleでP氏と話した限りだと、それなりにいろいろと動きがありそう。
特に4月からかな…。
どうなるのか、どうするのか。
でも、ある意味私にとっても原点回帰の意味合いが強そう。さてはて。

---
英語。
ちょっといろいろとあって、教えて貰うべきDavi○にはまだ正式に頼めず。
今日もあったけど、彼の英語は聞きやすいし、やっぱり人柄が出るから、彼なら文句無しなんだけど。
一先ず、身近な素晴らしきコーチに少しだけ教えて貰おうかな、とか。
仕事で使う率が上がってきそうなので徐々にでもとにかく備えたい。
今までみたいな、友達にめちゃくちゃでも通じるとかだと、やっぱり微妙だ。。。
まぁ、聞き取る分には多少進歩しつつあるけど。

---
住まい。
環境の善し悪しがどう影響を及ぼすのか。
特にそこで「作業」を持つ人にとっては。
ベストな場所、やり方、その他もろもろ。
私には分からないことも多く、ピンと来れないことも多く、結局なんとなく曖昧な"感覚"でしか把握が出来ない。
それなりにもどかしいけど…。…。

---
カメラ。
欲しい。

---
来週は大阪に日帰り出張かも。
分かるのは月曜日。

明日はNa○iffのExhibitionとか、仕事の関係でhhとかを覗いたり、
表参道ヒルズを眺めたり、してこようかと。
余裕があれば、ワタリウム or 銀座松屋とか覗きたい。体調とその場の空気次第です。

posted by dawn : 11:50 PM | Comments (0)