« August 2008 | main | October 2008 »

September 15, 2008

中秋の名月


月一となりつつあるブログです、、、。

昨日は中秋の名月。(満月は今日)
観月しに神奈川の三渓園を訪れる。

訪れて少しした頃、木々の向こうに朧気味の月がゆっくりと顔を出してきましたが、それがまた良い風情。
こんな気持ちで月が顔を出すのを、今か今かと待ちながら、そのゆっくりとした動きに感動したのはいつ以来だったろう。
最近は気付けば月は出ていて、見上げてほうっと思うことはあっても、月とこんなふうに対峙することは無いもんなぁ。

日常の延長上にある、こういう季節の祭事の大事さを思ったりします。
別に大掛かりなことをしなくてもいいんですけどね、そういう習慣や意識があるかだけで、きっと随分違うんだろうなぁ、少なくとも自分にとっては違うなぁ、と思う。

最後のほう、名月と言えば…ということで、団子と軽く一杯を相方と交わしながら見上げると、その頃には月もくっきりぽっかり。
雅楽の音もかすかに聞こえてきて、本当に良い夜でした。

この雅楽は私にはとても心地よい音色。特に薪能(楽堂ではなく、野外がいい)は凄く自分を忘れられる場です。
まだ数える程しか見にいけていませんが、荘厳な雰囲気と、自然が造る環境と音の調和、色彩の交わりが本当に美しくて、難しいことなんてちっとも!分かっていないんですが(笑)、ついつい足を運びたくなってしまいます。

昨晩含め、こういう時に着物を着ていきたいなぁ、といつも思っているのですが、なにぶんかなり不便なところでやる事も多く、そうするとなかなか難しい。。。
都内近郊なら可能性あり、なのですけれど。

--

仕事が諸処立て込んでいますが、落ち着いたらまた遠出したり、ゆっくりしたいなぁ。
あ、そうそう今日は夢で海外に行っている夢を見ました、笑。
(最近まで、仕事でN.Y.やら韓国やらのイベントに出展する段取りをしていたので、その影響?)
私は今の仕事があるし日本に帰らなきゃ、って思うわけですが、会社の人たちをはじめ、いろんな人にこのままここ(海外)で、やることをやったほうが良い、やりきったほうが良い、と笑顔で励まされてる…という夢でした。

そういう励ましを望んでいるのか?正夢となるのか?笑
さてはて。
未来に決まり事はないですものね。

posted by dawn : 12:57 PM | Comments (0)