« December 2008 | main | March 2009 »

January 25, 2009

銀歯が…

実は血筋としか思えないくらい歯が弱い私。
年末にふと熱いのがしみて、行ってみたら虫歯でした…うぐぐ。
年明けから歯医者通いです。

今年は歯医者通いかぁ、とか思っていたら、なんと今日は銀歯が取れました…。お餅を食べていたら、ぱかりっ、と。
一昨年治療してもらったばかりのところ。なんなんだ。。。
既に来月予約していましたが、明日急患で見て貰うことに。
病院がやっている時間に取れただけでもマシだということに…。

ちなみに血筋の話し。
うちの父方はみーんな歯が弱い。祖母もそうです。
で、私は父方の血を引いたらしく、一日最低2回は歯を磨いていて、出来ない時はモン○ミンとか、まぁ、普通の人程度はしているのに、どうしても虫歯が出来易い。どうも忙しい日が続くと、いきなり出来ていたりする気がするのだけれど、関係あるのかしら。。

そんな血筋に対して、母方はみーんな強い。
母は磨いて夜に一回。しかも、歯ブラシが曲がるくらい強く磨いたり、超短時間で、磨けているか謎なくらいなのに全然虫歯にならない。妹は母方の血を引いたらしく、やはり丁寧に磨いているようには見えないのに、虫歯に縁がない様子。

こんな根拠が成り立つのか分かりませんが、事実は事実なので母と妹の歯が羨ましい限りです。ぐすん。

---

最近は平日も帰宅後は着物です。
家用につくったお手製兵児帯もどきと、色柄的に外には着ない小紋の着物で過ごしています。
なので、家事をやっている時は割烹着です。たすきがけの時もあるけれど、今の季節、割烹着は汚れを防ぐだけではなく、温かくて重宝しています。
着物をきていると、お腹まわりが温かいせいか、暖房も比較的低めでも大丈夫。

家事以外の時は、ポケットの付いたフリース生地のポンチョみたいなのを羽織っています。これもまたとっても便利。

少しずつ着付け時間も短くなり、あとは、やっぱり帯かなぁ。
普段は上記の過ごし易い兵児帯ばかりなので(柔らかいので動くのが楽)、普通(?)の帯の練習もしなくては。

実は、相方は海外に行っていてこのところ独りお留守番中なのですが、この着物生活のおかげか、全然(というのは嘘だけど)寂しくならずに過ごせています。

相方が帰ってきたら、着物を着て梅でも愛でに行きたいです。

posted by dawn : 08:18 PM | Comments (0)

January 01, 2009

今冬と今年の目標(着物)

昨年秋からハマり始めた着物熱。
いやいや「熱」ではなくて、やっと始められた…というほうが正しいのよ!笑

この冬の戦利(?)品。
・母(祖母)からの紬の九寸名古屋帯
淡いオレンジに白、グリーン、青ネズ(この色が和ならではで大好き)などの植物と、幾何学模様が織り込まれてる。ただ、短い!ので、今年は作り帯にすることも検討したい(送料込みで3-4000円のところを発見!)。
春に誂える予定の木綿着物にも合わせたい。

・リサイクルで入手した小紋(袷)
朱〜ピンクの小花柄の小紋。花の輪郭(黒)が聞いていて、暖色系だけれど、ちょっと渋い感じ。
上記の手持ちの帯に合わせて買ったつもりだったけれど、どうもしっくり来ず(その時にしっくり来ないものは、時間経ってもやっぱりしっくり来ないね、苦笑)。一番どうしたら良いものか、と目下悩み中の着物。
柄がはっきりしているので、案外羽織りにしても…と思うけれどそれには裄丈が微妙(調整出来るのかな?)。あとは、帯という手も。これはなかなか変わった可愛い帯になるのでは!と思う。ただ、費用がなぁ。
いろいろと思うとやっぱりもう少し着物としてきてあげたい。黒系の帯とかも合いそうだけれどなぁ。

・デニム着物(単衣)
相方に2周年で買ってもらった木綿着物!今のご時世では一番馴染みのあるデニム生地です。単衣だけれど、黒デニムなので、この時期でもそこまで寒々しくない(と思う)。生地自体も厚め。
ただ、足さばきは噂通り。木綿なので生地が滑らないんですね。
あとシワがつきやすいこと。食事しにいけば、座りジワはくっきり。あと、お尻や膝がぽっこり出やすいこと。木綿なのだから当たり前!だけれど、やっぱり普段着物ということかな。
あと、これはプレタで買ったけれど、単衣は居敷当は必須!縫い目の補強は必須!です。というのも、木綿に別珍足袋を合わせたところ、ますます滑りが悪くなったようで、なんと裾部分がほつれてしまいました…(ショック!)。手縫いで処置出来ましたが、居敷当の重要性を認識。あとは買ったお店の縫製もイマイチなのかも…とか(残念!)。次回以降は絶対誂え&居敷当付きにしたいと思ってます。
なんて、悪いところばかり書きましたが、滑らない分着崩れしないし、そのほっこりとした風合いは八寸帯や半幅帯と合わせると、私の思うまさに着物!というイメージで、凄くいい。やっぱりこういう肩の力を抜いた風合いを感じる着物姿が好きだなぁ。つまりは木綿着物大好きです。(値段的にも絹ばかりは無理だし!笑)

・ポリのちりめん小紋(袷)
初のポリ着物。先日書いた通りですが、軽くて着やすい!静電気も大丈夫。ざらっとしたちりめんふう生地が、ポリの冷たさを感じさせず良いです。汚れも気にしないでいいので、人が溢れる食品売り場でも全然怖くなかった!笑
色も茶色がかった薄グレーに白の水玉。洋服では絶対に着ない/着れない柄!
ハデ〜なものも含めて、着物だから出来る組み合せというのは、素材に続く着物の大きな魅力です。

・ウールの半幅帯
黒のデニム着物とセットで相方に買ってもらった帯。深い紫に、水玉模様のように銀糸で小さな点々が入ってます。冬らしくて、この冬大活躍。ウールも滑らないので、締めやすい。思ったより柔らかいので、巻く時にねじれやすいですが、慣れれば問題なし。あとは、ウールなのでちょっと毛羽立ちが心配。2月くらいまで使えるかな。

・木綿の半幅帯
明るめの半幅帯が欲しくて、生成りベースに明るい紫色の実物柄の半幅帯。
これはまだ締めていません、笑。でも、木綿だからゆるみ難いと思うし、張りもあるから、上記のウール帯でやり難かった結び方とかもやりやすいのでは、と考え中。色味や柄的にもこれから春に向かって、良い普段帯だな、と思ってます。

・リサイクルで入手した八寸つづれ帯
二藍〜紫〜生成りの大きめの縞模様の帯。ざっくりとした風合いで、もうもろ好み。着物歴長い人にしてみれば当たり前?なのかもしれませんが、私としては念願かなっての帯。
結婚式などでは着物が多い私ですが、そういうときは本当に「きっちり」とした着物なワケで、豪華な袋帯。こういった着物も好きですが、自分が着たいのとはちょっと違う。
手持ちの着物との相性もバッチし。大好きな紫系。しかも二藍というのもズキュンでした、笑。春いっぱいまで大活躍の帯になるのではと思います。

・小物いろいろ
着付けに必要なものもいろいろあり、今年の秋冬は出費が予想以上になってしまいました、、、反省。
でも、着付け関係はやっと一揃え出来た感じ。小物類はもっともっと揃えていきたいけれど、少しずつ少しずつ。。。

---

結局、私は着物教室に通うことはなさそう。
本を何冊か読んで(読み倒して)家で数回練習して、外に少しずつ着ていくようにして、自信をつけて…という感じです。
まだまだ途中だけれど、この方向性で問題なさそうな気がしています。
買いにいったリサイクルショップの店員さんから貰うアドバイスも貴重だったりします。
いろんな考えや、○○流というのがあって、見聞きした内容がまちまちだったりもしますが、その中で自分がしっくりくるものを取捨選択すれば言い訳で、答えは自分の体が知っていますから!(マナーとかそういうのは抜かして)

もちろん、結婚式などの冠婚葬祭などで着るときは話しは別。
細かい決まり事や、流儀、重みのある考え方がたくさんあって、今の私では着れません、汗。こういった部分も(こそ?)奥が深くて、興味が無いわけではないけれど、自分がずっと好きだったのは手触り感のある素朴なもの。
きちんとよりも、気持ち良さそうに着れているほうが好き。
その上でかっこ良く見えたらなお嬉しい。
それで、自然と礼装も着れるようになったら嬉しい。

そして、作っている人たちに気持ちを馳せながら、着たいです。
小難しく考えず、着続けること、必要と思う一人でいたいなぁ、と思う。

…でも、知れば知る程、きっと奥深い歴史に基づいたいろんなものが見えてくる!と思います。そういうのも楽しみ。特に色や柄は興味津々です。。。

そんなこんなで、今年の目標?
少しずつ、良いものを揃えていきたい。
リサイクルで一番着てみたい紬をあれこれ探しましたが、やっぱりサイズが難しいのと、なかなかしっくりくる柄や手触りがない。。。
ということで、今年の秋には紬の着物を1着誂えてみたい!
さらには、それに合わせる色の綺麗な八寸帯も!
春夏には、綺麗な博多帯も欲しい。通年使えるので、良いものを持ちたい。

あとは、手作り出来る和物の幅広さを感じている今日この頃。
&実は、なかなかイイ!と思う小物が案外ないのです。。。
探すのに時間を費やすよりも、夏ものは、いろいろなものを手作りしてみようかなぁ、と考え中です。

さらには、気に入った布やリボンで、オリジナルの帯や、鼻緒をオーダー出来たらと。
帯は4、5000円くらい、鼻緒は3000円くらいで誂えてもらえるみたいなのです。布代併せても、既製品よりも安いかもしれない!

そんなこんなで、楽しみが広がっています。
いずれは、リサイクルの古典柄の着物もかっこ良く着こなしたい。
逆に今では手に入らないようなモノがたくさんあるはずなんです。

今年は着物をじんわりと生活に定着させる1年になりそうです。

posted by dawn : 07:17 PM | Comments (2)

2009


あけましておめでとうございます。
正月早々相方と喧嘩という幕開けとなりました、苦笑。

夫婦になっても、別々の環境に育ってきた人間である以上、理解しあうというのは、難しい。当たり前のこと!
分かってくれて当たり前、というのは無い…と思う。
私的には口にしあって、なんぼだと思うのですが、きっとアレコレ察し上手の人もいるのだろうなぁ…そう考えると私は鈍いのだ、とは自覚気味。はい/
そこはすまんなぁ、と思うのですが、とある時から「察する」ということを止めてしまったように思う。逆に言葉を信じる性格になりました!
…って、アレコレ考えると、考え過ぎて疲れてしまった…という過去からだと思うけれど。

あまりプラス発想でなくて情けない!けれど、今の自分をふと見つめ直すと、そんな答えが出た2008年末でした。(どんな年末?)

とかいいつつ、仕事は「人を察する」ことが重要なんですけれどねぇ…苦笑。

それでもなんでも、応援してくれる人がいて、生き延びてます。
卑下しているわけでもなく、地道にそういう人たちに応えられるよう、何より自分の為にも今年も頑張っていきたいと思います。

相方も、今年はある程度、動きのある1年になるのでは、と思います。
年明け早々将来を見据えて海外に行ってくるし、そういう意味では今年は流れが読めない!
読めないからこそ、きっと面白い年になるぞぉ。(人事のように言ってますが、実感こもってます)
ドキドキしちゃうし、ワクワクします。

相変わらずサポートをしていて、生意気な意見ばっかり言ってますが、苦笑
私は私で、どんどん自分の目を磨く必要性を感じてます。


相方に呆れられつつある着物熱については、次の記事にて、、、笑。

posted by dawn : 06:39 PM | Comments (0)